家電の故障

ドラム式洗濯機の故障の原因となる物

ドラム式洗濯機の故障となる異物

今回はドラム式洗濯機の故障させる異物について解説していきたいと思います。
ドラム式洗濯機は縦型洗濯より頑丈に作られており、ちょっとやそっとでは壊れない家電ですが、実はある意外な物の混入が原因で簡単に壊れてしまうことがあります。

「ドラム式洗濯機で水が溜まらない」 、「ドラム式洗濯機で水が排出されない」 という不具合はある異物が入り込んだことが原因の可能性があります。

ドラム式洗濯機で「給水ができていません」「蛇口を確認してください」もしくは「排水経路を確認してください」など水の給排水のエラーが出るときは本記事を参考にされて下さい。

ドラム式洗濯機を故障させる物とは

洗濯物とドラム式洗濯機

結論から言いますと、ドラム式洗濯機を故障させてしまう異物は硬くて薄い物体です。

ある程度の大きさの物体はドラム式洗濯機の内部に入り込むことは通常ありません。

入り込んだとしても大体は排水経路に引っかかることなく排水ホースから排出されます。

ですが、特定の異物は「排水弁」や「排水経路」に引っかかってしまい、排出されず留まり続け、排出される水の流れを遮ったり、時には排水弁を壊してしまう物があります。

それではその原因となる物を見ていきましょう。

ドラム式洗濯機を故障させる物 【プラスチック製カード】

ドラム式洗濯機に詰まったTカード

画像のカードは実際に不具合があったドラム式洗濯機から取り出した異物です。

かなりすり減ってダメージがあることがわかります。

このカードはドラム式洗濯機のドラム排水口で見つかり、このダメージはドラムが回ることでついたものだと思われます。

ドラム式洗濯機から水が排水される際にドラム内部の排水溝を塞いでしまうため、「排水ができません」というエラーがでます。

このドラム式洗濯機はこのカードを取り除くことで通常通り動作するようになりました。

ドラム式洗濯機を故障させる物 【紙製カード】

ドラム式洗濯機の異物(カード)
ドラム式洗濯機の異物(カード)

こちらも同じくカードですが厚紙を防水加工でコーティングした交通系カードです。

プラスチックカードよりドラム内部に入り込みやすく注意が必要です。

一見、この程度の異物なら入り込んでも問題はなさそうですが、この手のカードは排水弁で問題を起こす厄介な異物です。

ドラムの排水口からは排出されますが、その先のより狭くなる排水弁の排水経路で開閉する排水弁と経路のすき間に入り込んでしまいます。

排水弁は排水する時はかなり強い機械の力で弁が開くので排水はできますが、閉まるときは弁自体の簡単なスプリングの力で閉まります。

排水弁が開くときは無理やりでも機械の力で開いて排水されますが、閉まるときはこれが引っかかって弁が閉まりきれません。

そうなると洗いやすすぎの段階で給水された水がそのまま出ていってしまい、いつまでたっても設定した水量にならないため、「給水ができません」などのエラーが出ます。

また、この異物が引き起こす特徴として、時々は問題なく使えるということがあります。

排水弁の経路から先に流れていかず、そこに留まり続けますが、排水弁に接触せずスムーズに弁が閉まることもあるのです。

水がそのまま抜けていくという不具合が必ずではなく時々、もしくは頻繁にという場合はこういった異物が原因の可能性があります。

ドラム式洗濯機を故障させる物 【小型の鍵】

ドラム式洗濯機に入り込んだ鍵

大きなカギはドラム式洗濯機の内部に入り込むことは考えられませんが、ロッカーや自転車の鍵など小さい鍵は注意が必要です。

こちらもドラム槽の中からは排出されますが、その先のより狭くなった排水経路で排水弁の閉まりを邪魔してしまいます。

排水弁が閉まらなくなり、「給水ができない」系のエラーがでます。

小銭などの金属がドラム式洗濯機の内部に入り込むことはありますが、大体は抵抗のない形状(円形)の物であればそのまま排出されます。

しかし、鍵は複雑な形状をしており、排水経路のどこかで引っかかってしまいなかなか排出されません。

また鍵は真鍮製で錆びることがないので紙のように劣化することなくとどまり続けるので直接取り除く以外方法はありません。

ドラム式洗濯機を故障させる物の混入を防ぐには

こういった異物が原因の不具合はドラム式洗濯機に非常に多くあります。

こういった不具合を防ぐにはドラム式洗濯機に衣類を放り込む前にポケットなどに異物が入っていないかチェックすることが何より大切です。

ドラム式洗濯機と洗濯物

ドラム式洗濯機を故障させる物が入り込んでしまった場合は

ドラム式洗濯機の洗濯槽の分解は非常に難しく、一般の方ではできません。
ドラム洗濯機の内部に入り込んだ異物を取り除くにはメーカー修理が必要となります。

排水弁に異物が詰まっている場合はドラム式洗濯機を寝かせて下側から取り除くことも可能です。
ただし排水弁を分解する必要があるのである程度知識がある方でないと難しいかもしれません。

また、異物が排水弁に長いこと詰まっていた場合、排水弁のスプリングが弱くなっていることがあり、異物を取り除いても弁の閉まりが弱く隙間ができて水がちょろちょろ漏れてしまうこともあります。

ドラム式洗濯機の故障の原因となる物 まとめ

ドラム式洗濯機の故障となる異物は内部に入り込む可能性がある薄くて硬いものです。
入り込んでしまった異物を取り出すのは経験のある修理のプロでなくては難しいため、そういった異物が入り込まないように日頃から気を付けることが大切です。

特にカードはドラム式洗濯機を故障させる一番の原因です。入り込むことがないように特に気をつけましょう。

今回の記事は福岡の洗濯機買取リサイクルショップのブンダバーでした。